【実施レポート】ビジネスを通じて社会課題を解決!「SDGsアウトサイド・イン・ゲーム」体験会2020年1月@東京

皆さんこんにちは!SDGsアウトサイド・イン・ゲーム運営事務局の橋本です!

 

2020/1/23に東京にて行ったSDGsアウトサイドイン・ゲーム体験会レポートをお送りいたします!

 

東京オリンピックのある記念すべき年の最初の体験会。過去最高の36名の方が参加してくださいました!

今年の今後を占う(?)やも知れない、白熱したゲームの結果は如何に?

 


~「SDGs」と「アウトサイドイン」~

SDGsとは2015年9月、国連サミットで採択された持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」として国連加盟193か国が2030年までの達成を目指し掲げた目標です。
持続可能な世界を実現するための 17 のゴール・169 のターゲットから構成されています。

 

現在、世界はSDGsが掲げる未来へと、変革を迫られています。SDGsという考え方が個々人の意識のあり方を徐々に変革させていき、やがて企業のあり方に対しても影響を与えていくと考えられます。

そうなった未来において、企業はどのようにして事業を立ち上げ、どのように事業を育てていく必要があるでしょうか。

それには、アウトサイド・インという考え方が必要になってきます。

「アウトサイド・イン」とは「外部から組織を眺める視点」のことで、下図のように社会課題(アウトサイド)を起点に、企業(インサイド)が「未来の顧客」に対して新たな事業を創造することで社会に価値を産み出す、という考え方です。

SDGsの達成にむけて、ビジネスの世界においてはこの「アウトサイド・イン」の思考と行動が求められています。社会が抱える課題に目を向け、いち早く課題解決に向けて動いていくこと。それがこれからの時代・世界が求める課題解決様式なのだと私たちは考えています。

 

~アウトサイドインビジネスゲームとは~

「ビジネスにおける『アウトサイド・イン』の考え方・動き方」を体験し、現実社会で応用するために作られたゲーム。
それが、この「SDGsアウトサイド・イン・ビジネスゲーム」です。

 

このゲームはいかにお金を稼ぐかのゲームです。参加者は各自が企業としてのチームに分かれて。

チームごとに分かれた参加者は、チーム内、もしくはチーム間で協力して最大の利益を追求していくことが目標です。

初期資金として配られた15億円を、最終的に一番多くしたチームはどこになるでしょうか。

   


当日の様子

本日参加された方々は、東京開催において過去最多の35人越え!検討タイムでは早速8に分かれた各チームが喧々諤々と議論を活発にかわします。ゲームの内容がわからないときは、積極的に我々運営チームにも質問をしてくる等、積極的な活動が多かったです!

そして各チーム、行動タイムになったとたん、新規事業を続々と作り始めていきます。

時には新規事業が失敗し、落胆する姿もありましたが、そんな時にも参加者には笑顔があふれ、とても良い雰囲気でゲームは進行していきます。

 


過去最多の8チーム!チームが増えるに従って各社の難易度も上がっていきます。結果は如何に?

 

今回の8チームという熾烈な競争を勝ち抜いた優勝チームは、IT企業チームでした!前半でのアドバンテージを活かし、堅実な利益を得ていました。

驚いたことに前半では振るわなかった商社チームが、後半大きな成長を遂げ最後には全体で2位まで上り詰めました!最後の最後までゲーム結果が分からないのも、このゲームにおける醍醐味ですね。

そしてゲームが終わった後の振り返りでは、

 


今回の体験会では、全体で29の新規事業が生まれました!

 

 

ゲームが終わった後の振り返りの時間では、

【難しかったけれど、社会に即していて興味深かった!】

 

といった感想や、

 

【チーム内での役割分担が肝心】

【新規事業の創出には、今まで行ってきた新規事業の組み合わせを記録することも大事】

 

といった気づき、そして

【スピード感を持って行動するべきだ】

【自社だけでなく、他社と協力していかなければならない】

といった今後につながっていく意見が出ました。

 

机上のカードゲームでは収まらず、皆が動き出し、話し出す不思議な体験!

少しでも気になった方は是非体験会へといらしてください!

アウトサイドインビジネスゲーム次回開催

3/18(水)18:00~21:00 LMJ東京研修センター 4階大会議室